~介護スタッフ741名の本音がわかる~
第12回「介護の日」アンケート集計結果
外国人と働くことへの期待は、「異文化コミュニケーション」が1位で約45%に

福祉の人材サービスおよび育成を行う株式会社ニッソーネット(本社:大阪市北区、代表取締役会長兼社長:山下吾一)は、11月11日の「介護の日」を記念したアンケートを、当社に登録している介護派遣スタッフを対象に実施し、今年の調査結果がまとまりましたので、ご報告いたします。このアンケート調査は、厚生労働省により「介護の日」が制定された2008年より継続して行ってきたもので、今年で12回目となります。

アンケート集計結果のポイント

  • 介護の現場で、外国人と働く上で楽しみな点は?
    1位は、「異文化コミュニケーション」で44.8%に
  • 保険の適用対象になってほしい介護ロボットは?
    「移乗・移動支援ロボット」が半数以上。女性が多い現場で負担を軽減するロボットが求められる
  • 長く働ける「介護の職場条件」として、最も求めるものは?
    「職場の人間関係が良い」(43.5%)と「納得のいく賃金」(29.8%)で、7割以上を占める
  • 介護の施設長になってもらいたい有名人は?
    女性1位は6年連続で「天海祐希」さん、男性1位は2年連続で「内村光良」さん!

アンケートについて

【1】アンケートの目的
・「介護の日」の存在をスタッフに認知してもらうこと、そして、アンケート結果を発信することで、 介護の仕事に従事するスタッフの生の声を広く知らせることを目的としています。

【2】調査期間と方法
・2019年9月17日~10月14日、インターネット・モバイル回答方式

【3】調査対象と回収数
・当社登録の介護派遣スタッフ、回収数741

※「介護の日」とは?

2008年7月、厚生労働省により、制定された記念日。“介護について理解と認識を深め、介護従事者・介護サービス利用者および介護家族を支援するとともに、利用者・家族・介護従事者・それらを取り巻く地域社会における支え合いや交流を促進する観点から、高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日”として、「いい日いい日」の語呂合わせから、11月11日を「介護の日」と決めた。(厚生労働省HPより)

リリース全文(PDF:446KB)

<本件に関するお問合せ>

株式会社ニッソーネット 広報担当 堀田(ほった)
TEL:0120-982-279 
Email:a-hotta@nissonet.co.jp
※ご取材をご希望の場合は、お手数ですが事前にご連絡をお願いいたします

一覧へ戻る